鳥獣保護法に引っかかるイタチ駆除|専門業者にお任せ

野生のイタチの駆除

一軒家

イタチは人間の生活に迷惑を及ぼすことがあります。しかし、鳥獣保護法が壁となって、イタチ駆除はおいそれとできません。駆除を実行するためには、自治体への届けが必要となりますが、最近では地元猟友会が代行してくるようになりました。そして、実際の駆除に際しては、検証が行われています。

もっと知ろう

イタチの駆除業者

スタッフ

イタチ駆除を自己流の方法で行う方がいますが、確実に駆除することができず再び棲み着かれたりします。そのため、早い段階で専門の業者に依頼することが大切です。また、最近ではイタチ駆除に関して、ネットで見積もりや相談もできるので、しっかり優良な業者を選ぶと良いでしょう。

もっと知ろう

棲み着いたイタチの駆除法

一軒家

イタチが家の中に棲み着くと、家を壊されたり糞尿の被害が出ます。イタチの特徴は夜行性で雑食なので肉類の他に、家の中のゴミや食品も食い荒らします。イタチを発見したらすぐに専門の業者にイタチ駆除を依頼することです。自分で駆除する時は臭いの強い忌避剤や木酢液などが効果的です。

もっと知ろう

行動習性と法律

いたち

行動習性の利用

イタチの行動習性を理解することはイタチ駆除にとって必要なことです。イタチは本拠地としての穴と休憩用の穴の2つを作る習性があります。基本的には夜中に行動に移すのですが、このときは単独行動であることが多いです。また、オスとメスとでそれぞれ行動圏を持っています。コミュニケーションを取るときには自身の糞や尿を使って取ります。これを可能にするのは優れた嗅覚です。それを利用したイタチ駆除の方法としては、煙を使うことがあります。蚊取り線香を天井裏に設置すると、イタチは逃げてしまいます。嗅覚が非常に優れているので煙の臭いが苦手なのです。しかしながら、イタチというのは学習能力が高いので、様子を見て煙がないと判断すればもとの場所に戻ってくるのです。

法律との関連性

イタチ駆除にはいろいろな法律に従う必要があります。特に鳥獣保護法にはいろいろな禁止事項がありますので、イタチ駆除するときには参照する必要があります。たとえば、イタチを駆除するために殺鼠剤を使うこと自体は有効性があることなのですが、これは鳥獣保護法で禁止されている行為です。そのため、この方法は使うことはできません。また、捕獲の禁止事項もあります。オスは捕まえても構いませんが、メスの捕獲は禁止されています。そのため、有効な駆除方法としては忌避剤の使用であったり、LEDのついた忌避装置の使用が挙げられます。これは光を乱反射するものですが、イタチは夜行性のためこうした光を嫌います。こうした駆除が終えたら巣や糞の清掃も行いましょう。