鳥獣保護法に引っかかるイタチ駆除|専門業者にお任せ

野生のイタチの駆除

一軒家

猟友会が代行するサービス

野生のイタチは、日本各地に生息しています。イタチ科の動物は本来肉食で、ネズミなどの害獣を捕食するため、益獣と位置付けられています。しかし、最近では里山近くの町にも出没して、人の生活を荒らすことも多くなっています。そのため、イタチ駆除を実行したいと考える人も大勢います。しかしながら、野生動物については鳥獣保護法で守られているので、おいそれとイタチ駆除をすることはできません。イタチ駆除をするためには、自治体への被害届が必要になります。被害状況の実態によって、駆除の体制や捕獲頭数が決まるのですが、手続きが面倒で、多くの人が被害届を出せずにいます。そのような手続きの代行を、最近では業者が代行してくれることになりました。このサービスにより、迷惑動物の駆除も、以前より手軽にできるようになりました。

野生生物としてのバランス

野生生物の駆除を進めることは、生態系のバランスを崩すことにも繋がります。イタチ駆除においても、イタチの頭数を減らしたことで、ネズミなどの被害が増大することも考えられます。そのため、野生生物駆除には、生物学の専門家の意見を参考にすることが多々あります。業者は駆除の専門家なので、このような駆除に関する情報収集を怠りません。また、駆除の方法も様々です。被害状況に合わせた対策法を採ってくれるので、効率よくイタチを追い出すことができます。また、駆除費用はその方法によって異なることが多いので、細かな点は駆除スタッフに訪ねてみるといいでしょう。