鳥獣保護法に引っかかるイタチ駆除|専門業者にお任せ

棲み着いたイタチの駆除法

一軒家

感染症の原因になりやすい

昔は建物の被害といえばねずみやシロアリでしたが、最近ではイタチなどの害獣の被害が増えています。建物の中にイタチが棲み着くと、感染症の原因になるので注意が必要です。また建物を壊されたりシミができたり、騒音や悪臭の被害も発生します。イタチの特徴は夜行性で雑食である点です。夜になると出歩いて食べ物を漁ります。肉食とされていますが、農作物や家の中の生ゴミや食品を食い荒らすこともあります。家の中に一旦棲み着くと安全なのでなかなか出ていきません。特に最近の住宅は高気密で壁の中に断熱材が入っているので、その中に巣を作ったりします。そのためイタチを発見したら、すぐに専門の業者にイタチ駆除を依頼するべきです。業者を知らない場合は、保健所に連絡すればアドバイスしてくれます。

臭いの強い忌避剤が効果的

イタチ駆除する時に人気なのが、害重要の忌避剤や木酢液などです。なぜかというと、イタチは臭覚が発達しているので臭いに敏感なのです。臭いのする忌避剤などをまくと、追い出すことができます。ただし1回だけでなく何度も設置して、家の中が安全な場所ではないということを教え込むことが大事になります。その他の予防策としては、侵入口を塞ぐことです。小さな隙間からでも侵入するので、床下換気口に細かい金網のネットを張ると効果的でしょう。また、イタチのエサとなるようなゴミや食べ残しなどを、家の周囲に置かないことも大切です。屋根裏や壁の中などに棲み着いた場合は、個人で退治するのは難しいので、専門の業者にイタチ駆除を依頼します。イタチ駆除専門の業者なら完璧に駆除して、予防対策をしてくれます。